ちいさな葉っぱの物語

frame_00001

frame_00001

ちいさな葉っぱは どこにだって
風に乗って 飛んで行く

公園で ころんでしまって
泣いている子のところにも

その子のまわりで くるりとまわって
やさしい風で つつんであげる

frame_00002

 

ちいさな葉っぱは どこにだって
風に乗って 飛んで行く

元気がなくて ただぼうっと
空を見ている人のところにも

その人の背中に そっと近づいて
ふわりと頭をなぜてあげる

frame_00003

 

ちいさな葉っぱは どこにだって
風に乗って 飛んで行く

すべり台の 一番高いところで
足がすくんでしまった子のところにも

急いでくるりと まいあがって
ゆっくり背中を押してあげる

frame_00004

 

ちいさな葉っぱは どこにだって
風に乗って 飛んで行く

真っ赤な顔をして 大きな声で
頭から湯気を出している人のところにも

胸の前で いったん止まって
パタパタあおいで冷ましてあげる

frame_00005

 

ちいさな葉っぱは いつだって
その人のために 飛んでいく

ちいさな葉っぱは いつだって
その人のために 風に乗る

 

 

ちいさな葉っぱ その名前は
わたくし「言の葉」と申します

frame_00006

 

相手のための「言の葉」は
相手のこころに染みわたる

自分のための「言の葉」は
自分のこころに染み渡る

ふたつの葉っぱの ちがうところ
だれのための 葉っぱなのかな

自分のこころの 勝手さや
自分のこころの さびしさや
そんなののせた ちいさな葉っぱは
相手や自分を つつくだけ
とがった先で つつくだけ

相手に染み入る「言の葉」は
相手のために 風にのせる

frame_00007

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です