四苦八苦とは「思うようにならないこと」

flipaclip-untitled-1

flipaclip-untitled-1四苦八苦(しくはっく)

ここでいう「苦」って、「苦しむこと」ではなくて「思うようにならないこと」なんだそうで。仏教用語的には。

基本的な4つの思うようにならないこと

生老病死(しょうろうびょうし)

生きることも、老いること、病になることも、そして最後には死ぬことも、思うようにはならない基本的な4つの「苦」

さらに生きていく上で、4つの「苦」が追加になるそうで。

愛別離苦(あいべつりく) 愛する者との別れ
怨憎会苦(おんぞうえく) 憎む者との関わり
求不得苦(ぐふとくく) 求める物が手に入らない
五蘊盛苦(ごうんじょうく) 肉体と気持ちが思うままにならない

あるあるっていう感じの「思うようにならないこと」ばかりです。

基本的な4つの「思うようにならないこと」に加え、生きていくとさらに4つの「思うようにならないこと」が追加されて、八苦になります。

ということらしいです。

四苦八苦とは、「苦しくてヒーヒー」いっている状態ではなく、「思うようにならないことへ葛藤している」というという状態のようです。

葛藤した結果、さらに「思うようにならないこと」を増やしてしまっては、四苦八苦十六苦と、どんどん増えてしまいます。

シクシク

ちなみに、4x9=36と8x9=72を足すと、煩悩の数の108になるのは後付けっぽいな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です