雨の日の頭痛や憂鬱感を克服する。

antdesignstore_mmskurlb61

雨の日はなんとなく憂鬱。
頭痛になったりもするし。
雨に限らず冬は全体的にそんな感じになりませんか?

それは低気圧が、精神状態に影響するらしいです。

低気圧に包まれると、気圧が低い分まわりの空気が希薄になります。
そうすると人は、副交感神経が活発になり、呼吸数や脈拍がさがるそうです。

それが、頭痛や憂鬱の元。

逆に晴れの日は交感神経が活発になる。
交感神経は活発元気の素。

これは古代の狩猟や農耕をしていた頃、もしくはもっと前からの生き物の本能かもしれません。

雨の日は、深呼吸などして、酸素をたくさん取り込んで、交感神経を活発化させるのが良さそうです。

合唱なんてもってこいの方法じゃないすか。

参考出典
交感神経 wikipedia 
副交感神経 wikipedia
「雨の日は憂鬱だ」には科学的根拠があるか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です